子育て

サイベックスメリオは畳むと倒れやすくて危ない?自立できる対処方法をご紹介します!

アフィリエイト広告を利用しています

サイベックスメリオは畳むと倒れやすくて危ない?自立できる対処方法をご紹介します!

走行性がよくてスイスイ動くサイベックスの「メリオ」。デザインがおしゃれでかわいいだけではなく、車輪は段差などの衝撃やデコボコ道の振動を吸収してくれて、赤ちゃんに優しい設計となっているのでとてもおすすめなベビーカーです。

私自身、サイベックス「メリオ」を愛用して3年になるのですが、ベビーカーの押し心地は本当に軽くて使いやすかったり、我が子も小さい時にはぐっすり寝てくれたたりと本当に大好きなベビーカーです。

しかし、実際に使用してみると、唯一の後悔ポイントが……。

その後悔ポイントというのがサイベックス「メリオ」は畳むと倒れやすくて危ないということ。ただ、この後悔ポイントもしっかりと自立する対処方法を行うと安心して使用することができます。

この記事では、サイベックス「メリオ」を3年使用してみた私が実際に行っている「メリオ」を畳んだ時に倒れずにきちんと自立する方法をご紹介します。サイベックス「メリオ」を畳んだ時に倒れずに自立させるためのポイントは3つ!

自立させるポイント

  • フットブレーキをロックすること
  • 車輪の向き
  • 畳み過ぎない

この記事では、、サイベックス「メリオ」が畳むと危ない理由と自立させる方法を3つのポイントに沿って詳しくご紹介していきます。サイベックス「メリオ」を畳んだ時に危なくならないように安心してベビーカーを使えるように参考にしてみてください。

メリオを購入検討しているならここ

\いまだけ専用カップホルダーがついてくる/


ナチュラルベビーでは、サイベックス「メリオ」を購入すると専用のカップホルダーがついてくる!

今後「メリオ」をフリマサイトなどで売却を考えているのであれば、専用のカップホルダーなども一緒に売却すると比較的高く、早く売ることができるのでおまけがついてくるお店で購入するのがおすすめ。

私自身、「リベル」に乗り換えのため3年使用した「メリオ」を最近売却したのですが購入金額の6割の値段で30分以内で売却することができました(比較的綺麗な状態を維持できたこともあり)。

なので、ベビーカーを綺麗に使用しておまけもつけて販売すると、フリマサイトでたくさん販売されている「メリオ」から差別化を図ることができるので売れやすくなるので、あまり値段が変わらないのであればおまけがついているお店で購入するのがおすすめ!

サイベックス「メリオ」は畳むと危ないのはなぜ?

サイベックス「メリオ」は、畳んだ時に三角形の形になるため、畳み過ぎると不安定になり車輪の向きによってはバランスをくずしてしまい倒れてしまいます。

そもそも、サイベックス「メリオ」には畳んだ時にキャリーケースのように引っ張って運べる「キャリーモード」と畳んだまま自立させる「セルフスタンドモード」の畳み方が2段階式になっています。

玄関のスペースをなるべく広く使い!と思って、最後まで畳んでしまうと「キャリーモード」になって倒れやすくなってしまうのです。

なので、「キャリーモード」までは畳まずに安定して自立するところで止めると「セルフスタンドモード」になって安定して畳んだまま自立させることができます。

サイベックス「メリオ」を畳んだ時に倒れないように自立させる方法

それでは、実際にサイベックスメリオを畳んだ時に倒れないように自立させる方法をご紹介します。倒れないように自立させるには3つのポイントが重要です。

ポイント

  • メリオを畳む前に必ずフットブレーキをロックする
  • 畳んだ時に安定するように「セルフスタンドモード」にする
  • 車輪の向きはそろえる

詳しくご紹介します。

サイベックス「メリオ」を自立させるポイントその①|フットブレーキをロックする

サイベックス「メリオ」を畳む前には必ずフットブレーキをロックしましょう。フットブレーキのロックを忘れてしまうと、後輪も動いてしまうためより一層倒れやすくなります。

ただし、「キャリーモード」で運ぶのであればフットブレーキを外して運ぶようにしましょう。

サイベックス「メリオ」を自立させるポイントその②|「セルフスタンドモード」にする

サイベックス「メリオ」は、前輪と後輪が重なるほど畳むことを「キャリーモード」というのですが、「キャリモード」より一歩手前で畳むのをやめるとカチッと音が鳴って安定してベビーカーが自立する「セルフスタンドモード」になります。

サイベックス「メリオ」を自立させるには、この「セルフスタンドモード」の位置まで畳むことが重要です。

サイベックス「メリオ」を自立させるポイントその③|車輪の向きはそろえる

サイベックス「メリオ」の前輪と後輪の向きはそろえるようにしましょう。後輪はフットブレーキでロックがかかっているので、動かないのですが前輪の向きが横向きなどになっていると不安定になり倒れやすくなります。

なので、フットブレーキをロックして「セルフスタンドモード」まで畳むことができたら、最後に車輪の向きが前輪と後輪でそろっているか確認すると安定して自立させることができます。

まとめ

サイベックス「メリオ」は、押し心地が軽く、車輪は段差の衝撃や振動を吸収してくれるため乗り心地も抜群で子供にも操作する親にもとても優しく安心、安全で使えるベビーカーです。

しかし、サイベックス「メリオ」の自立方法を知らないと畳んで自立させようとしたときに倒れて危なくなることも……。

この記事では、サイベックス「メリオ」が倒れやすい理由と自立させるための大事なポイントを3つご紹介しました。

ポイント

  • メリオを畳む前に必ずフットブレーキをロックする
  • 畳んだ時に安定するように「セルフスタンドモード」にする
  • 車輪の向きはそろえる

この3つのポイントに注意して、畳むことでサイベックス「メリオ」は自立するので安心して使用することができます。

サイベックス「メリオ」を使用もしくは購入するのを検討する際に「メリオって倒れやすくて危ないの?大丈夫?」と、そんな心配がなくなりますのでぜひ参考にしてみてください。

>>レビュー☆4.83のサイベックス「メリオ」の口コミをみてみる!

-子育て