子育て

サイベックスパラスG i-Sizeとi-Sizeプラスの違いは?選ぶポイントをご紹介します!

アフィリエイト広告を利用しています

サイベックスパラスG i-Sizeとi-Sizeプラスの違いは?選ぶポイントをご紹介します!

「サイベックスGi-Sizeとi-Sizeプラスの違いは?」「結局、どっちがおすすめなの?」。

チャイルドシートを使うのは大事な我が子。子供の安全と快適さは一番大事なので、チャイルドシート選びはとても難しいですよね。

チャイルドシート拒否や肩ベルトを外してしまいやすいお子さんにおすすめなチャイルドシート「サイベックスパラスG」。

この記事では、サイベックスパラスGi-Sizeとi-Sizeプラスの違いについて紹介します!

この記事でわかること!

  • 基本情報と特徴
  • 安全性のポイント
  • 使用方法
  • 選ぶポイント

サイベックスパラスGi-Sizeとi-Sizeプラスの大きな違いは「素材とデザイン」です。

2つを選ぶポイントもご紹介していますので購入を検討する際には、この記事を参考にしてくださいね。

あわせて読んでみる

購入前にサイベックスパラスGのデメリットが気になっている方はこちらの記事も…

>>サイベックスパラスG i-Sizeのデメリットは?2年使用したママが使用感をレビューします!

\6/13 9:59までスーパーDEALキャンペーンで通常ポイントに加え15%ポイントバック!!/

サイベックスパラスGi-Sizeとi-Sizeプラスの違い

サイベックスパラスGi-Sizeとi-Szieプラスの違いは素材とデザインです。

詳しくご紹介します。

素材の違い

サイベックスパラスGi-Szieプラスには、メッシュファブリックシートが採用されておりi-Sizeと比べるとメッシュ素材で通気性がよく快適に座ることができるようになっています。

デザインの違い

デザインにも違いがあります。

両モデルの素材とデザインの特徴を以下にまとめました。

i-Sizeは、実用的な素材とシンプルなデザインを採用しています。

i-Sizeプラスは、プレミアム素材を使用し、より高級感のあるデザインを特徴としています。

具体的には、i-Sizeの素材は耐久性があり、清掃が簡単なものが使用されています。

i-Sizeプラスは、さらに高品質な素材を使用し、触り心地や見た目の美しさを重視されているのに加え、メッシュ素材なので快適に座ることができます。細部にまでこだわり、高級感のある仕上がりとなっています。

サイベックスパラスG i-Sizeとi-Szieプラスの基本情報

サイベックスパラスGi-Sizeとi-Szieプラスは、子供の安全を最優先に設計されたチャイルドシートです。

その特徴と安全性、使用方法を詳しく見ていきましょう。

基本情報を把握することで、どのモデルがあなたのニーズに最も適しているかを判断できます。

サイベックスパラスGi-Sizeとi-Szieプラスの特徴

サイベックスパラスGi-SizeとサイベックスGi-Szieプラスの主な特徴は、最高水準の安全性と快適さです。

このモデルは、ECE R129/03基準に適合しており、最先端の安全機能を搭載しています。

具体的な特徴を以下に挙げます。

  • リニア・サイドインパクト・プロテクション
  • アジャスト機能付きインパクトシールド
  • リクライニングヘッドレスト
  • 拡張されたISOFIX対応
  • エアーベンチレーション
  • シートリクライニング機能
  • 最大約10年使用できるロングユースシート

たとえば、リニア・サイドインパクト・プロテクションは、側面衝突時のエネルギーを分散し、衝撃を軽減します。

アジャスト機能付きインパクトシールドは、正面衝突時の「首への衝撃を40%軽減」し、頭部全体を守ってくれます。

さらに、リクライニングヘッドレストは成長に合わせて最適な位置に調整可能です。

拡張されたISOFIX対応により、さまざまな車種での取り付けが簡単にできます。

エアーベンチレーションとは、バックレストとシート座面にエアホールを作り、本体に熱をこもりにくくする設計となっています。

また、シートは座面の角度を変更することができるのでお子さんが眠ってしまった時でもゆっくり休むことができます。

生後15ヶ月(身長76cm~)~12歳(~150cm)まで約10年しようすることができ、チャイルドシートモード(身長105cmまでインパクトシールド使用)→ジュニアシートモード(インパクトシールド除去)に変更してしようすることができるので、長期間利用することができるので買い替えが不要です。

以上の特徴から、サイベックスGi-SizeとGi-Sizeプラスは安心して子供を乗せることができる製品と言えます。

サイベックスパラスGi-Sizeとi-Szieプラスの安全性のポイント

サイベックスGi-Sizeとi-Szieプラスの安全性は、厳しいテストをクリアした結果です。

ECE R129/03基準に適合し、最新の安全技術が導入されています。

安全性のポイントを以下にまとめました。

  • リニア・サイドインパクト・プロテクション
  • アジャスト機能付きインパクトシールド
  • リクライニングヘッドレスト
  • ISOFIX対応

リニア・サイドインパクト・プロテクションシステムは、側面からの衝撃を「逃がす・分散する」ことによって、死亡重傷率が高いとされる側面衝突から子供を守ります。

アジャスト機能付きインパクトシールドは、正面衝突時の「首への衝撃を40%軽減」し、頭部全体を守ってくれます。

リクライニングヘッドレストはお子さんの頭を後方に傾けることができるので、眠ってしまって頭が前方に倒れても、チャイルドシートからはずれることを防いでくれます。

また拡張されたISOFIX対応により、さまざまな車種での取り付けが簡単なのに、正確な位置に固定されるため最適に安全に取り付けることができます。

以上のポイントを考慮すると、サイベックスパラスGi-Sizeは高い安全性を誇る製品と言えるでしょう。

サイベックスパラスGi-Sizeとi-Szieプラスの使用方法

サイベックスパラスGi-Sizeとi-Sizeプラスの使用方法はとても簡単です。

取り付けから調整まで、誰でも簡単に操作できます。

使用方法を以下にまとめました。

  • ISOFIXによる取り付け
  • ヘッドレストとシートの調整
  • 安全ベルトの固定

まず、ISOFIXでの取り付けは、ISOFIXとトップテザーを車の座席にしっかりと固定します。

次に、ヘッドレストとシートの高さを調整し、子供の成長に合わせた最適な位置に設定します。

最後に、安全ベルトを正確に固定し、子供が安全に座ることを確認します。

以上の手順で、サイベックスパラスGi-Sizeとi-Szieプラスの使用が完了します。

購入前に知っておくべきポイント

サイベックスGi-Sizeとi-Sizeプラスを選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。

選び方のポイント、価格帯の違い、購入者の評価を詳しく見ていきましょう。

これらのポイントを把握することで、最適なモデルを選ぶことができます。

選び方のポイント

サイベックスパラスのモデルを選ぶ際には、以下のポイントを考慮しましょう。

  • 予算
  • 安全性
  • 使用頻度

まず、予算に応じて選ぶことが重要です。

i-Sizeは比較的手頃な価格で購入できますが、i-Sizeプラスはメッシュ素材にし、通気性がよくなったことにより価格はやや高めです。

次に、安全性を最優先に考えましょう。

両モデルとも高い安全性を持っています。

最後に、使用頻度も考慮すべきです。

頻繁に使用する場合は、座っている時の快適性が優れたi-Sizeプラスがおすすめです。

予算が限られている場合はi-Sizeでも安全性能はとても優れているチャイルドシートですので、通気性が気にならないのであれば選ぶ価値があります。

価格帯の違い

サイベックスパラスGi-Sizeとi-Sizeプラスの価格帯には差があります。

それぞれのモデルの価格帯を以下に示します。

  • i-Size: 38.500円
  • i-Sizeプラス: 42.900円

i-Sizeは3万円台で購入でき、コストパフォーマンスに優れています。

i-Sizeプラスはi-Sizeに比べ価格はやや高めではありますが、高品質な素材がその価値を裏付けます。

これらの価格帯を考慮して、自分の予算に合ったモデルを選びましょう。

購入者の口コミ

最後に、他のユーザーのレビューや評価を確認することで製品の実際の使用感や信頼性を把握する上で役立ちます。

サイベックスパラスGi-Sizeの口コミ

「チャイルドシート拒否して、肩ベルトもすぐ外してしまうためすがる思いでこちらを購入。結果、すぐに座ってくれるようになりいままで嫌がって座ってくれなかった時間が嘘のようにおとなしく座ってくれるようになりました。」

サイベックスパラスGi-Sizeプラスの口コミ

「寝ている時に頭が倒れてこないので寝心地は良さそうです。メッシュ仕様で通気性は良さそうですが、後部座席にエアコンがないので暑さ対策は必要そうです」

\6/13 9:59までスーパーDEALキャンペーンで通常ポイントに加え15%ポイントバック!!/

まとめ

今回は、サイベックスパラスGi-Sizeとi-Sizeプラスの違いについて紹介しました。

サイベックスパラスGi-Sizeとi-Sizeプラスの大きな違いは、素材とデザインです。

通気性や高級感のあるデザインが好みの人は、サイベックスGi-Sizeプラス、価格帯重視であればi-Sizeを選ぶとよいでしょう。

どりらも安全性能や利便性は大変優れているチャイルドシートですので、ご家族のニーズにあった選び方をすることで最適なチャイルドシートを選ぶことができます。

いままでチャイルドシート拒否や肩ベルトの抜け出し、シートベルトをすばやく取り付けたい、そんなお悩みを持っている方にはサイベックスパラスGは本当におすすめですので、購入を検討する際には、この記事を参考にしてくださいね。

-子育て