子育て

サイベックスパラスG i-Sizeのデメリットは?2年使用したママが使用感をレビューします!

アフィリエイト広告を利用しています

サイベックスパラスGi-Sizeのデメリットは?2年使用したママが使用感をレビューします!

サイベックス パラスG i-Sizeは多機能で高性能なチャイルドシートとして人気がありますが、どの製品にもデメリットは存在します。

私が2年使用して特に感じたデメリットは、「大きい」「サンシェードがない」「値段が高い」ということ。

それでも、サイベックス パラスG i-Sizeを愛用しているのは、安全性能が非常に高いのに子供たちがチャイルドシートを嫌がらず、シートベルトからの抜け出さずにおとなしく乗ってくれているからです。

我が家は、2人ともチャイルドシート拒否、5点式シートベルトは抜け出すタイプで抜け出し防止ベルトを使っていても脱出することがあったためとても悩み、お値段が高いとは感じていたのですが藁にも縋る思いでサイベックス パラスG i-Sizeを購入しました。

これが大正解で、チャイルドシート拒否はなくなり、シートベルトからの抜け出すこともなくおとなしく乗ってくれるようになったので本当に楽になりました。

この記事では、そんな私が2年間サイベックス パラスG i-Sizeを使用してみてのデメリットや使用感を詳しくレビューしています。

購入前にサイベックス パラスG i-Sizeをしっかり理解することで、後悔なくチャイルドシートを選ぶことができ、お子さんにとって最適なチャイルドシートを選ぶことができますのでぜひ参考にしてみてください。

1番お得に買えるSHOP

\6/13 9:59まで! 通常ポイントに加え15%ポイントバックがついてお得に買えるのは今だけ!!/

サイベックス パラスG i-Sizeとi-Sizeプラスに悩んでいる方はこちらから

>>サイベックスパラスG i-Sizeとi-Sizeプラスの違いは?選ぶポイントをご紹介します!

サイベックス パラスGi-Sizeのデメリットは?

私が2年間、愛用してみて感じたデメリットは、以下の5つです。

ポイント

  • サイズが大きくて重い
  • 背中に熱がこもりやすい
  • シートへの固定はISOFIXのみ
  • 値段が高い
  • サンシェードがない
  • 子供によっては窮屈に感じる

詳しくご紹介します。

サイベックス パラスGi-Sizeのデメリットその①|の製品サイズが大きくて重い

私が1番感じたデメリットはサイズが大きくて、重たいということです。

サイズが大きい

私がもっとも気になったデメリットは、その大きさです。サイベックス パラスGi-Sizeは、製品サイズが「幅59.5cm×奥行き40.5cm×高さ59cm」と設置スペースが広く必要なため、小型車や車内スペースに余裕のない車には不向きです。特に後部座席が狭い場合、他の座席の使用にも支障が出ることがあります。

我が家は2人目が生れたことによって新生児から使えるチャイルドシートに加えてロングユースタイプのチャイルドシートであるサイベックスパラスGiを追加で購入しました。

そのため後部座席にはチャイルドシートが2台あるのですが、チャイルドシート2台の間は30cm程度の幅しか残らず、人ひとり座るのがギリギリなスペースです。

また軽自動車の後部座席に取り付けようと思うと、チャイルドシート2台つけるとギッチギチになるので、購入前にサイズ感は必ず確認しておくと良いでしょう。

重量が重い

サイベックス パラスGiは非常に頑丈に作られているため、8.9㎏と重量も重くなっています。取り付けはISOFIXなので難しくはないのですが、頻繁に車を乗り換える家庭や、シートを移動させる機会が多い場合には、この重さが大きな負担となるでしょう。

チャイルドシートを動かすことがあまりないご家庭であればそれほど問題にはなりません。

サイベックス パラスGi-Sizeのデメリットその②|背中に熱がこもりやすい

サイベックス パラスGi-Sizeは頑丈に作らている上に、体全体を囲むような作りになっているので、背中に熱がこもりやすく汗をかきやすいです。

車のエアコンが後部座席では効きにくいような車であれば、背中に「送風ファン付きベビーカーシート」をとりつけてあげるのもよいでしょう。ただしパラスGiに敷くと座面が平らなため、ベビーカーシートがずれ易いので座るときはずれないように座るとよいでしょう。

>>送風ファン付きベビーカーシートをみてみる

また、車のエアコンは効きやすいけど肌トラブルが心配というかたは、Newモデルでメッシュ素材になっているサイベックスパラスGi-SizePlusがおすすめ。

>>NewモデルサイベックスパラスGi-SizePlusをみてみる

サイベックス パラスGi-Sizeのデメリットその③|シートへの固定はISOFIXのみ

サイベックスパラスGiはISOFIXとトップテザーでの固定にしか対応していないため、ISOFIXを対応していない車種ではとりつけることができません。

なので、購入を検討されている方は必ずお持ちの車が適応車種であるのか確認してください。

>>サイベックスパラスGi-Sizeの適応車種を確認する

サイベックス パラスGi-Sizeのデメリットその④|値段が高い

サイベックス パラスGi-Sizeは、高品質な製品であるため、その価格も高めに設定されています。他のチャイルドシートと比較すると、予算に対して少し厳しいと感じる方もいるかもしれません。

ただし、安全性や耐久性を考慮すると、投資としては妥当かもしれませんが、予算重視の家庭には厳しいポイントです。

また、長い目で見れば12歳まで使うことができ、1歳半以降であれば買い替えも必要ないのはとても魅力的です。

サイベックス パラスGi-Sizeのデメリットその⑤|サンシェードがない

サイベックス パラスGi-Sizeには、サンシェードがついていないためお子さんを日差しから守る対策が必要です。

我が家は、窓に取り外しが簡単なUVカットできるカーテンをつけています。

>>UVカット率最大99.9%のマグネットカーテンをみてみる

サイベックス パラスGi-Sizeのデメリットその⑥|子供によっては窮屈に感じる

サイベックス パラスGi-Sizeは頑丈に作らており、ヘッドサポートもしっかりしているためお子さんによっては窮屈を感じる子もいます。

我が子も最初は、「狭い」とよくいっていましたが、何回か乗っているうちにさほど気にならなくなったようでおとなしく座ってくれるようになりました。

サイベックス パラスGi-Sizeのメリットは?

私が2年使用して感じたメリットは、

ポイント

  • 抜け出さない
  • シートベルト固定するのが簡単
  • 安全性能が高い
  • 汚れた箇所だけ洗うことができる
  • 約10年と長く使うことができる
  • 保証期間が3年と長い

詳しくご紹介します。

サイベックス パラスGi-Sizeのメリットその①|抜け出さない

サイベックス パラスGi-Sizeを買って本当に良かったと思うのが、「チャイルドシートから抜け出さなくなった!」ということです。

シートベルトの固定が簡単なので、一見抜け出せそうな作りになっているのですが、しっかりと体にフィットして固定するため購入してから2年間、1度も抜け出したことがありません。

我が家は、他社のチャイルドシートも使用しているのですが下の子がよく抜け出すため、抜け出し防止のベルトを何本か使っているのですがそれでも何回かに1回は抜け出します。

運転中に抜け出されると思わぬ事故につながるおそれがあるためとても怖いですよね。

サイベックス パラスGi-Sizeはきちんと体にフィットされていれば抜け出すことができないので、安心して運転に集中することができます。なので、「チャイルドシートの抜け出し」に悩んでいるかたにはおすすめしたいほど優秀なチャイルドシートです。

サイベックス パラスGi-Sizeのメリットその②|シートベルト固定するのが簡単

シートベルト自体は、2カ所留めではありますが1カ所外すだけで降りることができます。なので、次に乗るときには1カ所留めるだけできちんと固定ができるのでとても簡単です!!

5点式のシートベルトの場合、留め具がなかなかみつからなかったり、子どもが抜け出そうとしてなかなかシートベルトを留めらなかったりと、大変な思いをされている方も多いのではないでしょうか。

サイベックス パラスGi-Sizeならお子さんがチャイルドシートに座ってから5秒でシートベルトを留めることができるのでなかなか留められない!という、ストレスから解放されます!!

サイベックス パラスGi-Sizeのメリットその③|安全性能が高い

出典:楽天

チャイルドシート自体が頑丈なつくりになっているだけではなく、衝突時の首への負担を40%、側面からの衝撃を20%も軽減してくれる優れもの!

安全規格R129にも適合されています。

サイベックス パラスGi-Sizeのメリットその④|汚れた箇所だけ洗うことができる

サイベックス パラスGi-Sizeは座面は座面、背もたれは背もたれで別々にシートを外すことができます。なので、汚れてしまった箇所だけ外せばお洗濯できるので、清潔に保つことができます。

我が家では、トイトレ中に1度だけ失敗してしまって座面を汚してしまったのことがあったのですが、簡単に外せてすぐお洗濯できたのでママの負担はとても楽に感じました。

サイベックス パラスGi-Sizeのメリットその⑤|約10年と長く使うことができる

1歳5ヶ月~12歳までと長く使うことができるので、買い変える必要がありません。他のジュニアシートなどに比べると少しお高めではありますが、12歳までと長く使えるのはサイベックス パラスGi-Sizeだけ!

サイベックス パラスGi-Sizeのメリットその⑥|保証期間が3年と長い

サイベックス パラスGi-Sizeのメリットとして、保証期間が3年もあります。そして、サイベックスの修理などは対応が早いので安心して使うことができます。

私自身、以前ベビーカーの持ち手の部分が一部破損してしまったことがあったのですが、サイベックスの公式サイトより修理依頼をするとすぐに対応してくれました。

私の場合は、破損した部分も含めシート部分を一部まるっと交換するという対応だったのですが、1週間以内には交換するパーツが送られてきて、いままで使っていたものをまた送り返すだけだったのですぐに使用することができました。

サイベックスの修理対応は本当に簡単で迅速に対応してもらえるの安心して使用することができます。ただし、保証を受けるためには購入時のレシートや保証書が必要となりますので、保管とユーザー登録をお忘れなく。

サイベックス パラスGi-Sizeの製品特徴

サイベックスパラスGiの製品特徴を表にまとめました。

パラス G i-Sizeパラス G i-Size プラス
価格38.500円(税込み)42.900円(税込み)
適応規格UN R129/03(i-Size)
身長基準76cm(かつ生後15ヶ月)~150cm
参考年齢生後15ヶ月~12歳頃まで
製品重量8.9㎏
製品サイズ幅59.5cm×奥行40.5cm×高さ59cm
2-IN-1シートチャイルドシート→ジュニアシートに変更可
インパクトシールド
固定タイプISOFIXとトップテザー固定
バックレスト調節〇(12段階調節可能)
リクライニング機能
エアーベンチレーション
メッシュファブリックシート×
お得に買えるお店をみてみる
サイベックス パラスGi-Sizeとプラスの製品特徴

サイベックス パラスGi-Sizeに関するよくある質問

サイベックス パラスGi-Sizeに関するよくある質問をご紹介します。

サイベックス パラスGi-Sizeはどの車にも乗せられるの?

ISOFIXとトップテザー固定の車に装着することができます。適応車種につきましては、公式サイトをご確認ください。

>>サイベックス公式パラスGi-Sizeの適応車種

サイベックス パラスGi-Sizeは洗えるの?

サイベックスパラスGiはシート部分は洗うことができます。ただし、30℃以下で弱洗い(洗濯ネット使用)で洗うことがおすすめです。

まとめ|サイベックス パラスGi-Sizeの1番のデメリットは大きい!

サイベックス パラスGi-Sizeは、多機能で高性能なチャイルドシートとして評価されていますが、私が1番感じたデメリットは、大きくて重たいということです。

軽自動車にも乗せることが可能ですが、チャイルドシートを2台乗せる場合などはあらかじめ後部座席の広さは測っておくがおすすめです。

とはいえ、私自身サイベックス パラスGi-Sizeのおかげで子供たちがチャイルドシートから抜け出すストレスがなくなったので本当に買ってよかったベビー用品の1つです。

抜け出し防止ベルトでも抜け出しを防げず、5点留めのシートベルトを嫌がって大変だった我が子たちもおとなしく座ってくれるようになったので、運転時のストレスが大幅にへりました。

ただし、ISOFIXとトップテザーでの固定になるので適応車種であるかなど購入前にしっかりと確認してから購入するようにしてくださいね。

\6/13 9:59まで! 通常ポイントに加え15%ポイントバックがついてお得に買えるのは今だけ!!/

>>サイベックス パラスGi-Sizeをポイントをたくさんつけてお得に購入する

-子育て